二子玉川エリアマネジメンツとは

 二子玉川エリアマネジメンツは2015年4月10日に発足した二子玉川(世田谷区玉川1丁目~4丁目および周辺エリア)における持続的なまちづくり活動を進めるエリアマネジメント団体です。構成会員は、玉川町会、玉川高島屋S・Cを運営する東神開発株式会社、東京急行電鉄株式会社(当時)の3社。世田谷区がアドバイザーとして参画し、官民連携のまちづくりを推進してきました。

 2018年4月には公共空間活用を本格的に進めるため、都市再生推進法人を目指すことを決定し、翌年1月には一般社団法人二子玉川エリアマネジメンツを設立。任意団体から法人へ移行しました。

 2020年2月には世田谷区第1号となる、都市再生特別措置法に基づく地域のまちづくりを担う法人(=都市再生推進法人) としての指定を受けました。

 都市再生推進法人は、まちづくりの新たな担い手として、行政の補完的機能を担いうる団体として市町村が指定します。指定を受けた団体は、まちのにぎわいや交流創出のための施設整備及び管理運営をはじめとして、地域のまちづくり活動の推進主体としての役割を果たすことが期待されます。(参考:世田谷区公式サイト

 二子玉川エリアマネジメンツは、二子玉川で行われてきたこれまでの活動や行事、歴史のほか自然など地域の資源を最大限に活用し、住民や企業や行政と連携し一体性をもって行う総合的なまちづくりに取り組みます。まちのさまざまな課題の解決に繋げ、一部の事業では収益を得る仕組みを構築し、収益を一定のルールのもとにまちづくり活動へ配分していくなど、自立的で持続性のあるまちづくりの循環を生み出すことをめざしています。

二子玉川地区におけるエリアマネジメントの取組み

二子玉川地区におけるエリアマネジメントの取組み

これまでの主な経緯

2015年
4月
玉川町会、東神開発、東急電鉄の3者で二子玉川エリアマネジメンツを発足。 その後、活動方針策定作業に向けて全6回のワークショップを開催。
2015年
12月
今後3か年の取り組みを策定。
2016年
2月
二子玉川エリアマネジメンツの活動を地域へ報告するため、第1回二子玉川エリアマネジメントシンポジウムを開催(以降毎年2月に開催)。
2016年11月 水辺公共空間での移動販売車(キッチンカー)による社会実験「二子玉川水辺キッチンカープロジェクト」を実施。
2017年3月公益還元事業として「かわのまちアクション マルタウグイ産卵環境づくり」を開催(以降「野川ベース整備大作戦」も含め毎年3回開催)。
2017年4月二子玉川花みず木フェスティバルに協力団体として参加し、第3会場(多摩川河川敷)を運営(以降地域活動などの支援・協力を随時実施)。
2017年6月水辺活用の提案として「二子玉川水辺ヨガ」を開催(以降「二子玉川水辺茶会」「TAMAGAWA BREW」などのイベントを開催)。
2018年4月公共空間活用を本格的に進めるため、都市再生推進法人を目指すことを決定。
2019年1月一般社団法人二子玉川エリアマネジメンツを設立、任意団体から法人へ移行。
2019年6月二子玉川エリアマネジメンツ協議会を発足。
2020年
2月
世田谷区第1号となる都市再生推進法人として指定。

組織図(二子玉川エリアマネジメンツ)

新二子橋からみた兵庫島公園と二子玉川
兵庫島公園ひょうたん池
兵庫島公園の様子