【お知らせ】多摩美大と二子玉川ライズによる地域連携アートプロジェクト『タマリバーズ』作品売上げ一部を当法人かわのまちアクションへご寄付

 今年で11回目となる多摩美術大学と二子玉川ライズによる地域連携アートプロジェクト 広場演劇『タマリバーズ』が10月8日(土)・9(日) 、二子玉川ライズ ガレリアで開催されます。そのサブイベントとして実施される、多摩美術大学の学生による作品を販売するアートマーケット「たまたまマーケット」の売り上げの一部が、当法人の公益還元活動「かわのまちアクション」へ寄付されることになりました。

 同アートプロジェクトは、多摩美術大学上野毛キャンパスの統合デザイン学科と演劇舞踊デザイン学科、二子玉川ライズによる地域連携で、2011年から行われています。2016年からはPBL(Project Based Learning ) の科目として産学連携型のカリキュラムとして展開されています。

 上野毛キャンパスに近在する二子玉川ライズを拠点に、街の人たちを巻き込み、今や二子玉川の秋の風物として地域に根づくまでに育ちました。駅からショッピングセンターへとつながる空間であるガレリアを舞台とした広場演劇をメインに、造形ワークショップや、ツアー型演劇など、多彩なサブイベントで、街を笑顔で包んできました。

 今回上演するのは、「夢の世界」を舞台とした「ふたこのわたし 真夜中におはよう」。現実の世界から夢の世界へ迷い込んだ主人公。「夢」と「現実」が交錯していく物語は、現実の世界を生きている観客のみなさまに「おはよう」と「おやすみ」という言葉に込められた本当の意味を問いかけます。(詳しくは公式サイトをご覧ください)

 企画立案・劇作・演出・振り付け・デザイン・製作・運営・プロモーション・アウトリーチ・宣伝美術・出演の全てにおいて学生たちが担う、地域を舞台に繰り広げられてきたアートプロジェクトが、二子玉川のまちづくり団体として地域の方々と一緒に続けてきたかわのまちアクションを資金援助の寄付先として選んでいただいたことはありがたく、とてもうれしいお知らせでした。一同心よりお礼申し上げます。ご協力いただいてきた地域有志の皆さまにもお知らせしてまいります。

 なお、当法人の情報・交流拠点Futako Fun Base前には現在、プレイベントとしてふたこのわたしのキャラクターゆめちゃん、むっくん、ドリのパネルが設置されています。

 パネルと一緒に寝相写真を撮りながら、パネルに記載してあるあいことばを集めると、イベント当日に景品としてオリジナルシールがもらえるそうです。(詳しくはこちら

 当法人スタッフもアートプロジェクトの観覧を楽しみにしています!当日の様子は二子玉川地域メディアFUTAKOLOCOでもレポートされるそうですので、ぜひご覧ください。

futakoloco事前告知の記事

この記事を書いた人